TOP > セミナー・研究会 概要 > [船井総研主催] セミナー情報 > 環境ビジネス投資・新規参入セミナー/不動産・ディベロッパー企業向け … 9月12日開催!

[船井総研主催]セミナー 概要

これから儲けるなら環境ビジネスだ!
終了

 

環境ビジネスは近い将来、市場規模47兆円※が見込まれる成長産業。

(※環境省発表による2010年時予測)

 

未知の新技術、新事業が日々続々と生まれています。

「環境」という新しい切り口を導入することで、御社のビジネスはさらに

付加価値を高め、利益率を伸ばすことができるのです。

本セミナーでは、環境ビジネスの現場発の最新情報と事業で成功するための

ノウハウをお伝えします。

将来性・収益性で注目される「環境リサイクル施設開発」とは

いま廃棄物処理のための施設が全国的に不足している状態。

その対策として注目されているのが「地域密着型のエコタウン」。

環境リサイクルプラント(廃プラスチック、建設廃材ほか種類は多数)等を集合させた、

いわば環境リサイクル施設の団地。

郊外にプラントを建設し、廃棄物処理・リサイクル企業等へ売却もしくは貸出を行う。

敷地面積は300坪(1施設分)~10万坪と幅広い。

工場誘致や住宅地開発等には使いにくい郊外、山間部の土地も有効活用する。

ビル・マンション・商業施設・公共施設に新たな価値をつくる未来型開発

■省エネ&水リサイクル

地球環境と企業経営にやさしいエネルギー効率の良いビル、マンション等が今後の主流となる。

最新の省エネ・水リサイクル技術を施設に合わせ、最適に組み合わせ光熱費を大幅削減する。

■リサイクル対策

ビルから出る廃棄物を一元管理するシステムにより効率的な収集&リサイクル。

処理コストを大幅削減し、テナントの満足度も高い。

環境ビジネスは拡大する!不動産・ディベロッパーが成功できる事業とは

■アスベスト処理ビジネス

安全処理できる溶融装置を購入して、自社および他社のアスベストを処理する。

国内の未処理アスベスト量は4千万トンともいわれ市場は大きい。

■石膏ボードリサイクルビジネス

建設廃棄物である石膏ボードを埋立処分にせず、破砕・粉砕して固化剤にリサイクル。

リサイクル品は自社で使用および販売を行うこともできる。

■土壌汚染浄化ビジネス

工場跡地等の化学的に汚染された土壌を調査・浄化を行う。

汚染サイトを低価格で購入して浄化、高値で売却して差益を得ることも可能に。

■アグリパークビジネス

食の安全をテーマとした有機農業と食のテーマパークを開発する。

食品リサイクルビジネス、食品製造、飲食店開発等へ事業拡大できる。

■最終処分場ビジネス

廃棄物埋立用の処分場を造るビジネス。

最終処分場は全国的に供給不足の状態で、廃棄物の受入価格は安定している。

山間部の土地も活用できる。

■京都議定書関連ビジネス

温室効果ガス削減の為の「排出権」売買を行う。

自社、国内のみでなく海外で温室効果ガス削減のための施策を行い、その排出権を得ることも可能。

■M&A;環境ビジネス企業への資本参加・M&A

■企業投資;環境ベンチャー企業等へ投資してキャピタルゲインを得る。

■技術投資;新技術開発に投資し自社で特許を得る。

■事業投資;事業へ出資しプロジェクトファイナンスを行う。

 

Copyrightc2019 産廃WEB All Rights Reserved.