TOP > セミナー・研究会 概要 > [船井総研主催] セミナー情報 > 建設系廃棄物処理業経営者セミナー…10月14日開催!

[船井総研主催]セミナー 概要

建設系廃棄物処理業経営者セミナー…10月14日開催!
終了

建設系廃棄物処理業が
ゼロから解体工事を始めて、売上1億円を増やす手法公開!!

 

 

semi-091014%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg

建設系廃棄物処理業者が新たに1億円を獲得する解体工事は今までに無い解体工事です!!

減りゆく建廃はこの先どうなるのか?!

全国的に減少していく、建設系廃棄物。
住宅着工数は100万戸割れへと向い、公共工事減少も留まりません。
建廃は当然この先も減少していきます。廃棄物の取り合いが価格の下落を更に進め売上と収益は減少していっています。
設備投資をした中間処理業は、その影響を直撃して経営を苦しめております。
このまま建設系廃棄物を追いかけていて、幸せはあるのか?
最近、全国の廃棄物処理業の方から声が上がっています

 

 

減る建廃よりも増える建廃に注目を!!

 

大型工事と住宅着工の減少により、解体工事は減っているように見られています。
少ない工事に各社が群がり、1万円台/坪の工事も少なくありません。
しかし一方、これまでに無い解体工事も増えてきています。
それが個人発注の解体工事です。
地方では新築10棟を建設する折に、2棟程度しか解体が発生しないのですが、
左図の通り築40年を越す住宅は増えており、将来は壊さなければならない家として潜在的な解体マーケットが動きつつあります。
それは、立替の発生しない解体工事です。
kifune0729-2%A4%CE%A5%B3%A5%D4%A1%BC.jpg

 

 

 

建廃業者が解体工事をやるメリット!!

解体部門を持っている建廃業者は多いのですが、いまひとつ伸び悩んでいる企業も多いものです。
持込の解体工事業者に遠慮して受注ができない、営業ルートが限定されている、本業と違う為に力が入っていないなど様々な理由があります。
しかし、必ず解体工事は強化しておくべきです。
自らが元請となり、自社解体も勿論、そして解体工事業者に仕事を出してあげてください。
それが減りゆく市場にて価格競争に対抗する唯一の手段です。

 

 

個人向け解体工事の成功ポイント!!

  • □築40年超え住宅の立替をしない、潰すだけの人がターゲット
  • □インターネットでモノを探す人が増え、また個人の中でも分離発注が増えている
  • □インターネットの仕掛は絶対!web業者に任せず、自らつくりこむこと!
  • □今までの解体工事業の怖いイメージから脱却して、サービス業の解体工事になる!
  • □仕組でつくるのが命!商圏を県内全域まで広げ、外注を上手く使う!
  • □内装解体、撤去系、便利屋的な小さな解体工事業を目指す
  • □既存の解体工事とは一線を画し、新たな立上の気持で取組む
  • □建廃を集める為の目的としての解体工事であることを根幹に置く
企業事例① K県T社 年商22億 産廃中間
既存解体部門売上1億円⇒2年後に解体売上2.5億円
企業事例② T県U社 年商5億円 産廃中間
解体売上ゼロ⇒売上1億円 営業利益3500万円
企業事例③ Y県K社 年商12億円 県内人口100万人
未経験の解体工事⇒解体工事受注8000万(1年間)+建廃受注増
企業事例④ F県I社 年商3億円
ミニ解体工事と便利屋機能にて1.5億円獲得

これらの事例は我々が全国にてお手伝いしてきた正真正銘の本当の話です。
皆様と変わらない地方での廃棄物処理業者の導入事例の一部です。
今回のセミナーではその成功事例とそのポイントをドンドンお見せしていきます。
100万人商圏に1社しか成功出来ない為に、既にお手伝いをしている地域についてはご案内しておりませんが、万が一先に始めた企業があった場合は今回の事業も難しいものになります。
是非、早いスタートをお薦めします。

講座内容

時間 セミナー内容 講師
第一講座
13:00~14:00

時流と方向性の解説
「建設系廃棄物処理業の今後の戦い方」

  • 全国でも減少は続く建設廃棄物!伸ばしている企業は何をしているのか!?
  • 撤退?縮小?建設系廃棄物処理業が選ぶ今後の方針とは?
  • 排出元が考える、動いている現状の方向性とは?
  • 建設業者が新規事業を検討する10のポイント!
株式会社船井総合研究所
環境ビジネスコンサルティンググループ
廃棄物処理業コンサルティングチーム
チームリーダー
貴船 隆宣
第二講座
14:15~15:25

企業事例紹介
「解体工事にて売上と利益を伸ばした企業事例紹介!

  • K県T社 年商22億円 産廃中間 社内のお荷物である解体部門が社内唯一のプラス成長をしたその手法とは!?
  • T県U社 年商5億円 産廃中間 職人ゼロ、経験ゼロから解体工事にて年商1億円営業利益3500万円をたたき出す!
  • Y県K社 年商12億円 人口100万人の県内にて、未経験の解体工事から建廃1億円を増やす!
  • F県I社 年商3億円 産廃・一廃 大物解体を捨て、ミニ解体工事と便利屋機能にて1.5億円を増やす!
株式会社船井総合研究所
環境ビジネスコンサルティンググループ
廃棄物処理業コンサルティングチーム
チームリーダー
貴船 隆宣
第三講座
15:40~16:10

実施ポイント
「解体工事をゼロから1億円に増やすポイント!」

  • 【ターゲット】ハウスメーカーと工務店を捨てて、個人向け解体工事に特化せよ!
  • 【営業】営業マンを動かさない!インターネットから受注させる営業手法とは?
  • 【販売促進】タウンページを止めよ!看板を止めよ!費用対効果を見直し、効果の上がるターゲット販売促進
  • 【施工強化】脱クレーム産業!監督強化と現場強化から顧客評価を紹介案件につなげる!
  • 【管理強化】数値管理にて、産廃合算の利益管理から単独にての収益体制へ!
  • 【商品力強化】大型物件を捨てる!便利屋的解体工事の商品拡充にて将来の個人マーケットに入り込め!
  • 【営業組織力強化】事務が窓口、監督が営業を受け持ち、効率的な営業組織体制を組み込め!
  • 【営業ツール】見える化ツールの拡充にて、顧客評価を上げていけ!
株式会社船井総合研究所
環境ビジネスコンサルティンググループ
廃棄物処理業コンサルティングチーム
チームリーダー
貴船 隆宣
第四講座
16:25~17:00

本日のまとめ
「明日から取り組んできただきたいこと」

  • 時流から読み取る!建設系廃棄物処理業にて攻められるか!?
  • 取り組むべきポイントの整理
株式会社船井総合研究所
環境ビジネスコンサルティンググループ
執行役員 菊池 功

 

 

開催概要

■開催日時/場所
●2009年10月14日(水) 13:00~17:00(受付12:30より)
会場:株式会社船井総合研究所 東京本社(JR東京駅 徒歩1分)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
日本生命丸の内ビル21階 [地図]
■ご参加料金
●一般企業1名様/31,500円(消費税込)
●会員企業1名様/25,200円(消費税込)
※会員企業とは、弊社コスモストップリーダークラブ、エリアネットクラブ、長所伸展クラブ(SHIPSクラブ)、FUNAIメンバーズPlus(無料お試し期間を除く)、各種研究会にご入会中の企業様です。

 

担当講師

担当講師は・・・
株式会社 船井総合研究所 廃棄物ビジネスコンサルティンググループ
執行役員 上席コンサルタント 菊池 功

現在の顧客契約企業数は50社を超え、過去累計の顧客契約企業数は300社を超える。 またWEB上では3000社超の環境関連企業をネットワークしており、その行動範囲は北海道から九州に至るまで全国を網羅している。コンサルティングのテーマは、企業診断・現状分析から、営業力強化・営業マン研修、企業化・組織化、最新のリサイクルビジネスモデル提案、事業提携・企業間タイアップ指導まで手掛けている。

株式会社 船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ
グループマネージャー 上席コンサルタント 貴船 隆宣

環境ビジネスコンサルティンググループのグループマネージャー。
産業廃棄物、一般廃棄物、再生資源(鉄・非鉄、紙)、解体工事、し尿汲取り・浄化槽清掃管理業、のコンサルティンググループを統括。 東証一部上場商社勤務を経て船井総合研究所入社。以降は環境ビジネスのコンサルティングに特化していき、業界では数少ない廃棄物処理業の専門コンサルティングに従事。 自らが現場の中に入り込み、その実状に適した企業活性化や組織強化を得意としており、経営改善、事業計画、資本政策、財務改善、営業強化、現業強化(運搬・工場)、管理強化、人材強化、採用、育成、M&A、新事業立ち上げまで幅広い領域をカバーしており、確実な実績を残している。 特に最近は「勝ち組」となる為の強みを活かした営業戦略と、独自の「産廃マーケティング」を活用した仕組づくりに注力しており、全国各地域にて複数の成功を収めている。どんな時にも直ぐに成果の出る支援を心がけている。

お問合せ

セミナー内容に関するお問合せ
株式会社 船井総合研究所  担当:環境ビジネスコンサルティンググループ 貴船(きふね)
TEL: 03-6212-2934
Copyrightc2019 産廃WEB All Rights Reserved.