TOP > セミナー・研究会 概要 > [船井総研主催] セミナー情報 > 【無料!物流企業経営者向け】 静脈3PLビジネスモデル公開フォーラム … 6/4開催!

[船井総研主催]セミナー 概要

「何か提案して欲しい…」 近頃、荷主企業からよく聞かれる台詞です。でも、その要求に答えられている物流企業はごくわずか…。 原油高、人材採用難、競争激化で余裕のない状態。そんな現状を打破できる、新たなビジネスを紹介する希少な無料フォーラムです。
終了

 

多くの荷主企業が専任部署を持っておらず、また拠点ごとに業者交渉・手配を行っているため、
効率化が図られていません。
静脈3PLサービスとは、荷主企業の工場、物流センター、事務所等の拠点から出る廃棄物処理
マネジメントのアウトソーシング請けるサービスです。

はじめまして、株式会社船井総合研究所、ロジスティクスグループの橋本直行と申します。

 

物流企業様を専門にコンサルティングする我々には、最近そんなタメイキが多く聞こえてきます。
あなたも同じようなお悩みや不安を、お持ちなのではないでしょうか?

確かに今のような状況下では、走れば走るほど赤字という最悪の事態に陥ってしまい、
廃業を余儀なくされる運送会社が、規制緩和以後最高の件数となっています。
また、一時活況であった倉庫ビジネスもここにきて勢いを失い、3PLビジネスは成熟期に
差し掛かって利益率が低下しています。

まさに、物流企業にとっては危機であり、早期に次の成長ビジネスモデルを察知し、研究し、
取り組み始めることが急務
だと言えます。いわゆる”上りのエスカレーター”に、早く乗り込まなくては
ならないのです。

今回の無料フォーラムでは、業界ではまだほとんど知られていないそのノウハウ・事例を、
バッチリ公開いたします。

静脈3PLビジネスとは、荷主企業の廃棄物処理のパートナーとして、資源リサイクルのシクミづくり、
廃棄物処理方法・コストの改善、廃棄物処理・収集運搬企業のコントロールを担うビジネスです。
まだ日本では、導入期から成長期に入ろうとするところの、まったく新しいビジネスモデルです。

既に参入している企業は、急速な勢いで業績を伸ばしています。
2010年からの10年間で、またさらに25%以上拡大すると言われている環境ビジネスマーケット
の中核を担うビジネスです。

私がなぜ、物流企業の経営トップであるあなたに、このビジネスをおすすめするのか?

答えはカンタンです。
そこに強いニーズが存在し、マーケットは確実に伸びる、社会的意義も大きい、そして物流企業の
既存サービスを応用できて非常に相性がよい・・・。

そういったビジネスですから、おすすめしない方が経営コンサルタントとして罪であります。

現状として、多くの荷主企業が廃棄物処理に困っています。

廃棄物は、エリアごと、品目ごとに処理の方法、ルート、協力会社が違い、なかなかそれらを
統括して管理するのが難しいからです。

そのため、ムダなコストと手間がかかっている例が、非常に多いのです。
また、資源リサイクル、有価物化、ゼロエミッション体制の構築などについては、すごいスピードで
技術が革新を遂げており、最新の情報を押さえるのはとてもたいへんです。

しかし、社会的要請により荷主企業は環境リスク対応を迫られており、担当者は「もうカンベンして
くれ!」と悲鳴を上げているのが実情なのです。

そこで、もともと荷主企業と付き合っており、現場マネジメントを得意とする業態である物流企業の
出番
です。
荷主企業への新提案として、廃棄物処理の管理サービス”静脈3PLサービス”の企画をお持ちする
ことになります。
現状を調査・分析して廃棄物処理の最適なシクミを企画立案し、具現化していきます。
もともと顕在的、潜在的に困っていた荷主企業は、大喜びです。

また、昨今の大方針であるCSR(企業の社会的責任)、グリーン調達的にも、とてもよい
パートナー企業として認知
されることとなります。

いかがでしょうか?
静脈3PLが、ニーズはあるがまだまだプレーヤーは少なく、取り組むべき意義ある
ビジネスモデルである
ことがご理解いただけましたでしょうか?

あなたのその心配はよく解かります。

しかし、ご安心ください。
既に実績を有している船井総研が、同サービスの展開・運営ノウハウについて、くわしく
ご教示いたしますので大丈夫です。

また、船井総研は、日本最大級の環境経営情報サイト『エコウェブネット』を運営しているため、
最新の処理手法の情報がバンバン入ってきます。
それらも使ってのサービス提供戦術立案になりますので、常に最先端の提案ができます。

ただし、「その業界って、ちょっと心配・・・」という漠然とした不安もあるでしょう。
それに関しては、約600社におよぶ全国の確かな廃棄物処理会社のネットワークを船井総研が
構築
しており、そちらをご紹介いたしますので、問題ありません。
私たちは、業界地図を知り尽くしております。

いかがでしょうか?

他にも、荷主企業との契約の方法や投資採算計画(ほとんど投資は要りませんが・・・)などについても
気になると思いますが、本フォーラムではそれらもくわしくお伝えいたします。

そして、さらに帰社後確実に実践していただけるように、講座終了後にご希望の企業様を対象とした
作戦指導の時間を設けております。
貴社の荷主企業の業種・業態・規模等を個別におうかがいし、持って行くべき環境関連の提案骨子
について、ずばりアドバイスします。

成長軌道にある新しいビジネスモデルに取り組みたい経営トップの方には、非常に有用な内容の
無料フォーラムとなっております。

他では絶対に聴けない、物流企業の取り組むべき環境ビジネスに特化したマニアックな内容です。
万難を排して、是非ご参加ください。

■第一講座

『静脈3PLのビジネスモデル』

●製造業・小売業の廃棄物処理の実態
●廃棄物処理業界の現状
●静脈3PLのビジネスモデルとは?
●静脈3PLの収支モデル
●廃棄物管理会社(静脈3PL)の成功事例

■第二講座

『静脈3PLビジネス参入のステップ』
●静脈3PLビジネス参入のポイント
●参入プロジェクトスケジュール
●船井総研とのコラボレーションモデルのご紹介

 

Copyrightc2019 産廃WEB All Rights Reserved.