TOP > メールマガジンバックナンバー > ■□産廃web最新NEWS!!□■2020年7月8日

メールマガジン

2020.07.15 配信

■□産廃web最新NEWS!!□■2020年7月8日

廃棄物・リサイクル業界の最新ニュースをお届け!
https://www.sanpai-web.com

************************************

コンサルタントコラム 「新型コロナウィルス出口戦略での廃棄物処理業経営3」

船井総研の貴船です。

前回から続く廃棄物処理業の出口戦略の第三弾です。
今回は中期的な取組についてです。WITHコロナとして、低迷が長期化する景況のなかで、以下の6つのポイントにて中長期的に捉えて進めることがあります。

(1) 採算性&効率性改善
(2) デジタル化の加速
(3) 営業戦略の転換
(4) 顧客数増
(5) 採用と育成
(6) エンゲージメント

短期的取組と重なることも多くありますが、緊急性よりも重要性が高いこと故に、時間も難易度も高くなります。方向性を直ぐに固め、計画的に進めていく必要があります。

 

(1)採算性&効率性改善

不況期になると、顧客は相対的安さよりも絶対的安さを求めるようになっていきます。それに伴う原価低減要請が今後あらゆるサプライチェーンに拡がっていきます。現在、既に期間限定協力などの要望が表面化してきております。
短期的な採算見直しと違うことは、数値の細分化を更に進め、見える化していくことです。これまでの粗利管理から、更に一歩踏み込んで欲しいと思います。
製造業では当たり前に行われているVAやVEの発想にて、バリューチェーン全体の視点から価値の最大化を考えていきましょう。その為に原価細分化を進めねばなりません。過去一年分のデータから、運搬や処理費を工程別に原価を明確化していってください。そうすると原価ルールが生まれ、その中から不採算な業務や取引を抽出していくいことが出来るようになります。それをECRS(Eliminate(排除)、Combine(結合・分離)、Rearrange(入替・代替)、 Simplify(簡素化))の思想にて改善を進めてください。
これは社内だけでなく、当然顧客にもお願いが発生することになるでしょう。しかし、顧客の値引き要請があって業務を見直すのではなく、また業績悪化になってからやるのではなく、今すぐ取組むことが数か月後に価値となります。
その際に注意しなければならないのは、聖域無き見直しの視点です。これまでも不採算や非効率が認識していたものの、人による問題、過去の経緯等様々な要因に進まなかったものが多分にあるものです。しかし小さな出血が、今後の大きな怪我や後遺症ともなりうることも理解する必要があるでしょう。

そして見えるようになることで、重要業績評価指標ことKPI(Key Performance Indicator)が明確になる筈です。これを月次管理を継続することで、常に筋肉質な業務体制が出来るようになっていきます。

 

(2)デジタル化の加速

昨年はDX(デジタルトランスフォーメーション)の文字が踊り続け、各社の温度感は違いながらも進み始めた時でした。しかし、コロナ禍によってデジタル化は加速したことも間違いありません。在宅勤務なども準備不足ながらの突入でしたが、思ったよりも早く順応していったように思います。
営業現場においても同様に、インサイドセールスが他業界では昨年から進んだものの、廃棄物業界では未だ浸透しておりませんでした。それが営業訪問難時代となり、・・・

↓↓続き(全文)はこちら↓↓
https://t-kifune.funai.site/

 

業界専門コンサルタントによる無料経営相談

▽「排出企業様」「処理企業様」どちらのご相談もお受けできます(初回無料)
https://sanpai-web.com/free_consultation/

【無料レポート】儲かる廃棄物を“えっ!”と言う方法で“ガッツリ”集めた事例大全!

▽廃棄物処理業の採算改善編
https://sanpai-web.com/knowhow_pt/m-saisankaizen/

▽廃棄物処理業の新事業編
https://sanpai-web.com/knowhow_pt/m-business/

▽廃棄物処理業が取組む新営業手法編
https://sanpai-web.com/knowhow_pt/m-eigyo/

▽既存顧客フォロー&スグ出来るノウハウ編
https://sanpai-web.com/knowhow_pt/m-knowhow/

↓↓無料レポート一覧はこちら↓↓
https://sanpai-web.com/knowhow_list/

業界の最新情報が集まる業種別経営研究会
全国の意識の高い経営者様と一緒に切磋琢磨しながら成長できます。
↓↓詳細はこちら↓↓
https://www.funaisoken.co.jp/study/


発行責任者 貴船 隆宣 (きふね たかのぶ)

発 行 元 株式会社船井総合研究所
ものづくり・エネルギーグループ
https://www.sanpai-web.com/

お問合わせ sanpai-web@sanpai-web.com

Copyrightc2020 産廃WEB All Rights Reserved.