産廃物処理業の産廃WEBTOP > メールマガジンバックナンバー > ■産廃webメールマガジン/vol.101□ コラム「今伸びている解体の分離発注市場とは」掲載!

メールマガジン

2011.06.22 配信

■産廃webメールマガジン/vol.101□ コラム「今伸びている解体の分離発注市場とは」掲載!

  □ 産廃Web 最新NEWS のご案内
  □ NEW!!  解体工事業経営者セミナー 【7/2、7/8】のお知らせ
  □ NEW!!  廃棄物コラム  福井大河
  □ 最新!産廃コンサルタント注目ニュース
  □ 環境ビジネスコンサルタント ひとこと日記 より
  □『丸の内で働く産廃マンのブログ』
   最新エントリー: 関東の産廃のご支援先「中間処理場の赤字体質」
  □『NEW!! 下川ブログ』
   最新エントリー: ご支援先の不二建設様にて
  □『金子裕人ブログ』
   最新エントリー: 6月18日(土)浄化槽・水処理業経営研究会のご案内


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■  < 産廃webメールマガジン/vol.101 2011年6月22日号 >
  
    産業廃棄物適正処理応援・検索サイト[産廃web]
            https://sanpai-web.com         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
みなさま、こんにちは!
 産廃web運営担当の霜村(シモムラ)です。
 いつも産業廃棄物適正処理応援・検索サイト「産廃web」をご利用いただき、
 誠にありがとうございます。
気象病というものをご存知でしょうか?雨が降ると古傷が痛む、といいます
があながち間違っていないようです。頭痛や憂鬱感、さらには夫婦げんかま
でも気圧や湿度の影響かもしれないとのこと。
梅雨明けが待ち遠しいですね・・・!
 それでは、廃棄物に関わる現場からの最新情報がつまった「産廃web」
 から気になる情報をピックアップしてお届けします!
━★☆ コンテンツ ☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  □ 産廃Web 最新NEWS のご案内
  □ NEW!!  解体工事業経営者セミナー 【7/2、7/8】のお知らせ
□ NEW!!  廃棄物コラム  福井大河
  □ 最新!産廃コンサルタント注目ニュース
  □ 環境ビジネスコンサルタント ひとこと日記 より
  □『丸の内で働く産廃マンのブログ』
   最新エントリー: 関東の産廃のご支援先「中間処理場の赤字体質」
  □『NEW!! 下川ブログ』
   最新エントリー: ご支援先の不二建設様にて
  □『金子裕人ブログ』
   最新エントリー: 6月18日(土)浄化槽・水処理業経営研究会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 最新!産廃コンサルタント注目ニュース □
──────────────────────────────────
 産業廃棄物関連最新ニュースをズバリ切る!廃棄物処理専門コンサルタント
 の貴船が注目ニュースをコメント付きでお届けします。
…………………………………………………………………………………………
 ◎産廃コンサルタント注目ニュース Pick Up!
…………………………………………………………………………………………
□■注目1位!!
 「豊島の産廃問題:廃棄物さらに見つかる 6カ所で推定より深く--管理委員会 /香川」
  11年06月06日 毎日新聞
 [コメント]
  全国的に見れば、既に忘れられがちですが、大きな衝撃を与えた豊島案
件です。特別措置法の期限が迫る中で、当初予定よりも25%近く遅れ
ていることは、今後の不法投棄案件の現状復帰計画でも参考せねばなり
ません。期限を決めることは重要ですが・・・
 ●コメント付きニュースをもっと読む!
  ⇒ https://sanpai-web.com/news/column.html?mail101
□■注目2位!!
 「「資源効率性の新時代」で成功する4つの原則」
  11年06月07日 Wired Vision
 [コメント]
  コンドラチェフに代表される景気循環の波は有名ですが、新たな第六期
の循環が資源効率性をキーとしていることは面白い視点です。時流の中
で意識の変化は、様々なイノベーションを生み出していきます。3月11日
によって人々の意識は大きく変わっていきました。エネルギーに対する
意識も・・・
 ●コメント付きニュースをもっと読む!
  ⇒ https://sanpai-web.com/news/column.html?mail101
□■注目3位!!
 「三菱重工、国内最大規模 廃棄物複合リサイクル施設を建設」
  11年06月03日 エクール
 [コメント]
  量474tの規模は凄いですね。確かに圧倒的な力を発揮できそうです。
ところで、私は予てからお伝えしておりますが、ライフサイクル上から
言えば、最終的に地域密着型もしくは得意分野特化型が生き残るとお伝
えしております。これは予測というよりも、全ての産業が辿ってきた道
でもあります。大手資本、大規模型の展開がいまだに続きますが・・・
 ●コメント付きニュースをもっと読む!
  ⇒ https://sanpai-web.com/news/column.html?mail101
…………………………………………………………………………………………
 ◎その他産廃コンサルタント注目ニュース一覧
…………………………………………………………………………………………
11年06月07日 Record China
電子ゴミの大部分が中国へ輸出、汚染による健康被害も懸念―米紙
11年06月07日 nikkei BPnet
JFEエンジと住友商事、環境省の支援事業でマレーシアのごみ発電可能性調査
11年06月06日 中国新聞
焼却・埋め立て容認へ 福島沿岸、中央部のがれき
11年06月06日 建通新聞
【三重】いなべ市、ごみ処理施設の施設延命化を(6/6)
11年06月03日 NNA.ASIA
携帯電話リサイクル事業も:日本環境設計、グ州で調査へ
●コメント付きニュースをもっと読む:
  ⇒ https://sanpai-web.com/news/column.html?mail101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ セミナー&研究会情報 □
──────────────────────────────────
 …………………………………………………………………………………………
  ◎解体工事業経営者セミナー 【東京・大阪開催!】
…………………………………………………………………………………………
  解体元請け成功事例大公開セミナー2011
成功事例と具体的手法を初公開!
儲からない下請け工事 大手ハウスメーカー、建設会社の下請け体質を脱却!
わずか半年で元請け化に成功!
200万円以下の工事を大量受注で新規売上1.5億円、粗利率25%!
<元請け獲得成功事例を大公開!>
 【東京開催】
  ○日 時: 2011年7月2日(土)13:00~17:00
  ○会 場: 株式会社船井総合研究所 東京本社(JR東京駅丸の内北口1分)
詳細はコチラから↓
https://sanpai-web.com/seminar-funai/_201172.html#more?mail101
 【大阪開催】
  ○日 時: 2011年7月8日(金)13:00~17:00
  ○会 場: 株式会社船井総合研究所 大阪本社
        (地下鉄御堂筋線淀屋橋駅より徒歩2分、
                   地下鉄四ツ橋線肥後橋駅より徒歩4分)
詳細はコチラから↓
https://sanpai-web.com/seminar-funai/_201178.html#more?mail101
  ■両開催日共通 参加費: 一般企業31,500円/1名様(税込み)
               会員企業25,200円/1名様(税込み)
  
  ※会員企業とは、弊社コスモストップリーダークラブ、エリアネット
   クラブ、FUNAIメンバーズPlus(無料お試し期間を除く)
   各種研究会にご入会中の企業様です。
  ※申し訳ございませんが、産廃web会員(無料)のみの方は含まれません
 ☆お問い合わせはsanpai-web@stg.sanpai-web.webstarterz.comまで!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ NEW!!セミナー連動企画! 『廃棄物コラム』 ※不定期掲載 □
──────────────────────────────────
 …………………………………………………………………………………………
  今伸びている解体の分離発注市場とは
…………………………………………………………………………………………
                            福井 大河
  こんにちは。船井総研の福井です。
  建設業界において、近年著しい伸びを見せているのが解体工事の分離発注だ。
  3K(怖い、危険、価格が安い)と言われていたにも関わらず、2008年
  以降、都内の先進的な解体業者や異業種からの参入により業績を拡大させて
  いる業者が特に増えているのである。
  解体の分離発注が伸びている理由を簡単に説明すると、
  1,解体適齢期の住宅数の拡大
  高度経済成長期以降に建設され、老朽化した築40年前後の建物が今まさ
  に解体のピークを迎えている。
  これは、2020年頃までは安定して増え続けていく。
  2,インターネットの普及
  今は誰もが「まずは検索」の時代。
  解体は工務店ではなく分離発注したほうが安くなることや、HPで解体を
  してくれる業者が簡単に探せることを賢い消費者は知っているのである。
  3,相続問題
  現在の社会問題の一つに空き家の増加がある。
  これは、親から相続した古家を住まずに放置している層が増えていること
  が背景にあり、団塊の世代からの相続物件が今後さらに拡大し、相続して
  も住めない家が増加しいていくのである。
  4,大手業者が避ける市場・・・
  続きはこちらからご覧ください
  https://sanpai-web.com/column/post_4445.html#more?mail101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 日本最大級の環境ビジネス情報サイト
  「eco-webnet.com(http://www.eco-webnet.com)」より □
──────────────────────────────────
…………………………………………………………………………………………
 ◎ 環境ビジネスコンサルタント ひとこと日記
  https://www.eco-webnet.com/hitokoto/list.html
…………………………………………………………………………………………
 ■2011.06.23 小川 宏明 のひとこと
  ご支援先の2年目の展示会出展です。
  今回はセミナーによる集客方法をとりました。なかなかの出だしのようです。
  しかし、展示会ブースでのセミナーは本当に増えました。
  どのブースもセミナーばかり。
  改善余地は多々ありますが、新たな集客手法も検討していかねばなりません。
 ■2011.06.22 貴船 隆宣 のひとこと
  福島県の、以前のご支援先にお会いしました。
  復興需要と申しますか仕事量だけは大量にあるものの、社員の退職が2割程
  あり、こなしきれていないそうです。
  更にまずいことに、所謂放射能廃棄物に関しても、処理方法が法的に明示さ
  れていないまま県外搬出も行われているようです。
  法の間で現地では手がつけられないままであって、困っているのは確かです。
  早期の指針発表は望まれますね。
 ■2011.06.21 福井 大河 のひとこと
  解体業のご支援先の中途面接に同席。
  女性営業を正社員で募集したところ、とらばーゆで98名の応募がありました。
  優秀な方の応募が多いのですが、一番は会社の雰囲気に合っていて長く続け
  られるかが大切なので、バランスが難しいところです。
  面接した全員が、自社HPの雰囲気や社長・社員のメッセージに共感してくれ
  ていたことからも、やはり自社HPの作りこみは大事だと感じました。
 ■2011.06.20 小川 宏明 のひとこと
  展示会まで1週間をきったご支援先。
  今回の施策はセミナーを介して集客。
  今年のメインイベントの1つ。
  何としても結果を出したいと思います。
 ●続きはこちら
  ⇒ https://www.eco-webnet.com/genba_funtoki/detail.html?id=141?mail101
    ※日本最大級の環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com」は産廃webの姉妹サイトです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 産廃コンサルタントが現場の声を毎日発信! □
『丸の内で働く産廃マンのブログ』 
──────────────────────────────────
 2011年6月20日更新!!
…………………………………………………………………………………………
  関東の産廃のご支援先「中間処理場の赤字体質」
…………………………………………………………………………………………
  
 本日は関東の産廃のご支援先でした。同社で毎月の実績数値の確認を行っ
 ていると、部分的に利益率が悪化している部署がありました。責任者は当
 然原因を見つけ改善に取組んでいくのですが、その際に困ることは、根本
 としての改善になっていないケースです。
 中間処理場の数値は単純なものであり、inとoutの関係だけです。しかも通
 常の製造業と違い、加工の要素は複雑化されておらず、単純な加工(処理)
 にて構成されているのみです。この問題を見つける際に本質に入れていな
 いケースというのは、根本の原因を見つけられていないことです。機械の
 効率や選別スピード、荷の内訳も間違いではありません。
 しかし中間処理場の本質から考えていくと、減容もしくはリサイクルが目
 的であり、商売の観点からはそこでコストが合う方法以外はしてはならな
 いことでしょう。
 縮小市場では必ず価格競争に陥ります。様々な改善を重ねても、その改善
 が実を結ぶスピードよりも価格下落による状況悪化のスピードが勝るかも
 しれません。その為、実は不採算の顧客を受け入れず採算の良い顧客だけ
 を受け入れよといっても、難しくなりがちです。
 本質は中間処理を止めることかもしれません。つまり、業態を変えるとい
 うことにもなりますが、それでは答になっていないので今回は言及しませ
 ん。
 やはり短期的に目指すことは、顧客を変えること、商品を変えることにな
 るでしょう。しかし・・・
  
  ●続きはこちら
  ⇒ https://sanpai-web.com/kifune/?mail101
  ●アメーバーブログはこちら
  ⇒ http://ameblo.jp/sanpaiman/?mail101
  ●twitter始めました!!
  ⇒ http://twitter.com/takanobu_kifune
 ………………………………………………………………………
 <最近のエントリー>
 ・社内の部署研修でした「情報のシャワー」
 ・中四国の産廃のご支援先「社内の温度感」
 ・北関東の産廃・一廃のご支援先「最強の廃棄物営業部隊」
 ●続きはコチラから写真付きでご覧下さい!
  ⇒ https://sanpai-web.com/kifune/?mail101
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 一廃コンサルタントの日常をお届けします! □
『NEW!! 一般廃棄物業コンサルタント
                  下川 譲ブログ』
──────────────────────────────────
  2011年月6月21日更新!!
…………………………………………………………………………………………
  「無料回収所」を見て感じたこと
…………………………………………………………………………………………
  
  先週の金・土曜日は長野へ、そして本日は新潟に行って参りました。
  3日間とも車での移動が多かったのですが、「無料回収所」
  の置き場を何箇所も見ました。
  数ヶ月滞在しているところもあるとの事でしたが自転車・テレビ
  ・冷蔵庫・アルミホイール付きタイヤが相当数積まれていました。
  今、この「無料回収所」については、社会問題として環境省を始め、
  自治体で調査に乗り出しています。
  無料と言いつつ、処分料を請求し、徴収しているところもあり、
  完全に廃掃法に抵触しています。
  
  ただ、現実として認識しなければならない点は、家庭内に
  これだけの不用品が存在し、集まっているということです。
  本来は、地域の一廃企業が回収すべきなのですが、言わば
  奪われていると言ったところでしょうか
  いずれにせよ・・・
  
 ●続きはコチラからご覧下さい!
  ⇒ http://ameblo.jp/food-recycle/?mail101
 ………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 産廃コンサルタントの日常をお届けします! □
『環境ビジネスのセットアッパー 金子裕人ブログ
           ~人が生き生きと働ける社会作りを目指して~』
──────────────────────────────────
 2011年6月20日更新!!
…………………………………………………………………………………………
スピード感をあげる為には
…………………………………………………………………………………………
  6月18日(土)は、浄化槽業経営研究会でした。
  各エリアで、浄化槽・水処理施設のメンテナンスを
  行う企業様の集まりの場です。
  ここでは、ゲスト講師や、船井総研の他のコンサルタントを
  招いての最新事例報告や、会員様同士の、成果事例共有を行います。
  研究会を立ち上げて、約1年になります。
  ようやく、各企業様の成果が出てきました。
  今回の研究会で得られた意見より、総括を行います。
  やはり、震災に関した話題も出てきます。
  1.最終的にたどり着く下水処理場の管理において、
    放射能対策の問題が出てきている
    ⇒処理水・汚泥に関しての対策が中心である
     環境ベンチャーの技術が日の目を浴びている
    ※船井総研の顧客の数社が採用される
  2.放射能測定において、民間企業、及び、農家からの
    問い合わせが増えている。
    ※公開用ではなく、あくまでも内部資料として
    ⇒今後は、一般市民向けまでサービスが波及する
  3.復興需要により・・・
 ●続きはコチラからご覧下さい!
  ⇒ http://ameblo.jp/kankyo-business/?mail101
 ………………………………………………………………………
──────────────────────────────────
■ バナー広告募集中! □
──────────────────────────────────
  産廃webに御社のバナー広告を掲載し、御社ウェブサイトの
  アクセス数向上に活用しませんか?
 
  ◎詳細はこちら ⇒ https://sanpai-web.com/banner.html?mail101
————————————————————
■ 配信停止はこちらから
https://www.funaisoken.co.jp/mailmagazine/unsubscribe.html
————————————————————
■□次号は、2011年6月29日に発行予定です!お楽しみに!!□■
──────────────────────────────────
===================================
 発行責任者 貴船 隆宣 (きふね たかのぶ) 
 発 行 元 株式会社船井総合研究所 
       廃棄物ビジネスコンサルティンググループ
       https://sanpai-web.com/
 お問合わせ Email: sanpai-web@stg.sanpai-web.webstarterz.com
       TEL : 03-6212-2931 / FAX : 03-6212-2947
===================================
 Copyright (C) 2011 Funai Consulting Incorporated.
 All Rights Reserved.
===================================

Copyrightc2022 産廃WEB All Rights Reserved.