産業廃棄物の知識

処理とリサイクル手法

RPF

1. RPFとは

RPFとはRefuse Paper & Plastic Fuelの略称で、産業廃棄物の中のマテリアルリサイクルが困難と判断された非塩素系の廃プラスチックと古紙、木屑などを原料にした高カロリーなリサイクル固形燃料です。

含水量が低く、貯蔵特性に優れ、発火の危険性も低く、熱量の調整も容易です。化石燃料(石炭、コークス、重油)の代替品として非常に注目されています。現在製紙工場や製鉄所でボイラー燃料として利用されています。

RPFときくと三重県で爆発事故をおこしたRDF(Refuse Derived Fuel)と勘違いされる方もいらっしゃいます。RDFも同じくボイラー燃料として利用されております。RDFは家庭から出るゴミを原料にしているため、発熱量が低く成分が安定しないなど問題点が多く利用しにくいリサイクル燃料であるといわれております。反面RPFはRDFに比べ成分を一定にしやすく使い勝手がいいため積極的に利用されるようになってきました。

2. RPFのメリット

1、成分・発熱量を均一にしやすい
産業廃棄物を原料にしているため、回収する廃プラや古紙など同じ物を集め続けやすいのです。そのため成分を一定に保ち出荷し続けやすく利用者にとって非常に使いやすい燃料となっております。廃プラと古紙の混合費率によって発熱量の調整も可能で混合費率を一定に保つことにより常に同じ発熱量でRPFを製造し続けることが可能です。

2、経済的
昨今ボイラー燃料である石炭や重油の価格が高騰し高止まりが続いております。石炭や重油価格はその時の相場価格によって変動しますが、RPFの販売価格は石炭や重油の販売価格に比べ3分の1以下でほぼ一定の価格で購入し続けることができるのです。

3、地球にやさしい
石炭や重油と違いリサイクル燃料であるため二酸化炭素の排出量が少なく地球温暖化防止に貢献することができます。またRPFは原料をしっかり管理できれば問題になっているダイオキシン発生抑制をはじめとして、排気ガスをクリーンに保ち大気汚染防止にもつながりまさに地球に優しい燃料といわれております。

以上のメリットより、RPFが利用者にとってメリットのある燃料であるためRPFを採用する企業が増加しております。そのため重要過多の傾向になってきています。また原料である廃プラの中国をはじめとする海外輸出も進んでおり、RPF製造者は原料である廃プラを集めにくくなってきています。いかに廃プラを一定量集め続け利用者に求めらる成分、量を供給し続けられるかができるのかが課題になってきています。

Copyrightc2017 産廃WEB All Rights Reserved.