TOP > 産業廃棄物の知識 > 排出元の罰則と事故

産業廃棄物の知識

排出元の為の廃棄物管理

排出元の罰則と事故

1. 違反と罰則

廃棄物処理、リサイクルを推進するにあたり、遵法性は重要な要素です。排出事業者の責任が重くなっている現在において、廃棄物処理業者に委託したら自らの役割が終了ということでは済まされません。自社のリスク管理としては未然防止について策を講じる為に、廃棄物処理法においての違反と罰則をおぼえておいて頂きたいと思います。

代表的な違反行為
・無許可業者への廃棄物等の処理委託
・法基準に適合しない委託契約の締結
・法の定める方法以外の処理
・マニフェストの不交付、虚偽記載
・行政の措置命令に従わず、必要な措置を執らないこと 等

排出元に関する違反行為と罰則について
参考:経済産業省 廃棄物・リサイクルガバナンス

2. 事故の対応

万が一に発生してしまった事故や、対処をしていても巻き込まれることがあります。大切なことは、そのような緊急時にも社内上の対処について対応と組織体制をとっておくことです。

事故発覚(1)警察や行政から不法投棄の疑いの連絡(2)委託先の行政処分、そして1、初期行動 2、対処活動 3、情報開示、についての流れを確立しておいてください。

Copyrightc2017 産廃WEB All Rights Reserved.