コンサルティングメニュー

営業強化

「廃棄物に関わる仕事をすれば儲かる」という時代は既に終わっています。当時、仕事は待っていればやってきていました。しかし、今は違います。

自ら案件を取りにいかなければ売上を上げることはできません。しかし、営業をかければ仕事を得ることができるのならば、まだ良いのです。

今の廃棄物処理業は単に「営業活動」をして仕事が取れるほど、甘い状況ではありません。気付けばお客様の方が知識を持っていたりします。

さまざまな取組みをして、足しげくお客様先に訪問をするけれども、仕事にならないという現状に対し、船井総合研究所がお客様に提供するのは 「売上を作る営業部隊」の構築です。

こんな会社様にオススメ

チャックマーク 営業の必要性は理解しているが、営業マンを雇ったことがない会社様
チャックマーク トップセールスが当たり前で、営業部隊の立上げを考えている会社様
チャックマーク 営業部隊は存在するものの、御用聞き営業となっており、ドライバーと変わらないのでないかと考える会社様
チャックマーク 営業部隊はあるものの、見えない部分が多すぎて、継続性に悩んでいる会社様
チャックマーク なぜかわからないが、仕事を取ってくる営業マンがいる会社様

 

 

コンサルティング概要船井総合研究所がご提供する営業強化コンサルティングは「売上を作ることができる営業部隊」の構築です。営業と一言で言っても、何を営業するのかという営業方針の設定という方向性の部分から、実際の営業マンの採用、継続的な営業力のアップと様々な部分が存在します。

【営業方針設定】

貴社の現状把握、市場環境の調査を行い、競合他社と差別化が可能な部分を抽出し、サービスの企画を行います。例え素晴らしい営業マンであっても、売るサービスがなければ、成果を挙げることができません。この段階では、先ずサービスを決めることを行います。

【営業マン採用】

現状、営業マンがいらっしゃらない会社様、営業方針を決定した段階で営業に掛かる工数が明らかに足りていない場合、営業マンの採用を行います。廃棄物処理業の営業マンの場合、未経験からはじめると1人前になるまでに3年間程度が必要だといわれています。その3年後に成果を残せる人材の採用を行います。

【継続的な営業力の向上】

営業するサービス、営業する工数が確保できれば、あとは営業すれば成果は残るはずです。しかし、論理的にスマートであっても成果が追いつかないのが実情です。そして、その要因は単純で、営業マンが予想通りの行動をしていないこと、又は、サービスの力が当初の想定と異なっていたものの、その微修正ができていないことにあります。

目標達成までのスケジュール

step01 【営業方針の決定】

■日本国内における廃棄物動向の整理 ■営業エリアにおける廃棄物動向の整理 ■自社設備・サービス品質のチェック ■今後自社が伸ばしていく方向性の設定 ■営業に必要なツール類の作成

step02 【営業マン採用】

■営業マン採用手法の提案 ■採用ツールの作成 ■面接同席の上、採用可否の判断フォロー

step03 【継続的な営業能力の向上(継続的な営業会議により以下事項を実施いたします)】

■営業部予算設定 ■営業状況の進捗確認  ■差異が生じた場合に、その原因分析と改善策、および必要ツールの設定

費用期間のご相談

STEP1~2 4ヶ月 200万円~
STEP3   12ヶ月 30万円~

 

■お問い合わせ
株式会社 船井総合研究所
TEL:03-6212-2934
担当:貴船

Copyrightc2017 産廃WEB All Rights Reserved.